UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

2時間39分台と表彰台への道のり

先月のマラソン大会で2時間49分50秒の自己ベストを出し、1年半前の自分との約束を果たした。

https://www.instagram.com/p/BOL220tAuiW/

【第3回 はが路ふれあいマラソン@栃木】3度目のフルマラソンに挑戦しました。結果は、・タイム→2時間49分50秒・順位→18位/2550人とナイスランでした。次は入賞したいです。

asobot8.hatenablog.com

このささやかな目標達成をもってフルマラソンからは退こうと思っていたのだが、今やっかいなことに新たな想いが沸々と湧いてきている。


フルマラソンの次の目標である。

目標の詳細の前になぜ「やっかいなのか」を簡単に説明する。
それは冷静に考えて、先月の大会で僕の人生の中で最も記録の出しやすい大会だったからだ。

なぜ最も記録を狙えた大会だったかといえば、
当時の僕には(先月だからまあ今もそうやけど)、
サッカー部時代に鍛えた心肺機能の強さが残っていたし、
大学生ということで練習時間と休息時間をたっぷり取れたし、
フルマラソンの大会も3度目ということで経験もあったから。

だから、
心肺機能の低下が見込まれる今後の大会よりも、
時間の確保が難しい社会人として出走する大会よりも、
経験の足りなかった過去の大会よりも、
最も記録を記録を狙える超ビックチャンス年末ジャンボ宝くじデラックスジャンボ!
というレベルで幸運が重なった大会だったことはたしかだろう。

条件が揃っていることを僕もわかっていたから、この大会を最後にしようとしてた。

その後は筋トレや水泳やボクシングにシフトしようと思っていたのだ。しかしやっかいなことにレース終了後のその日中には次のフルマラソンへの想いがふつふつと燃え上がってきてしまった。

「2時間40分を切り、表彰台に乗りたい!」


大会に出る度に上には上がいることを痛感する。彼らに勝ちたいと思う。
数分差にひしめき合う強豪を押しのけて上位に食い込むには2時間45分では足りず、2時間40分切りが必要になってくる。それに自称アマチュア界のエリートを名乗る(それがかっこいいかは別として)には2時間40分は切らねばならない。

僕の次の目標は「2時間40分を切り、表彰台に乗ること」

マイルストーンとしては
2018年3月までに2時間45分を切り、
2019年3月までに2時間42分を切り、
そして2020年3月までに2時間40分を切って表彰台に乗りたい。東京オリンピックを2時間39分台で眺めたい。と思いました。

 



マラソン完走後のビールより旨いビールを知らないだけかもしれない。。。

広告を非表示にする