読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

低いハードルをたくさん飛ぶこと

雑感

何か新しいことを始めるときそれを楽しめるレベルになるには、またはそれを以前からやっている周りのメンバーに追いつくには一定のトレーニングが必要だ。このことは過去の自分に追いつくことについても同じように言えて、高校まで12年間サッカーをやってきた僕も今リフティングを100回やろうとすると感覚を取り戻すのに少し時間がかかる。

今の僕にとっては「ブログ」がそんなところで、文字を書き連ねているものの起承転結なんてとても考えられていないし、そもそもTwitterInstagramをブログにどうやって挿入するんだっけ?という状態だ。

でもこういったものは一時的なもので最初は苦しかったり面倒でも、時間とともに慣れるし特に一度経験済みのものはすぐに思い出すことができる。

(ほら、やっぱりできた!)

ただ新規にせよ再開にせよ「決意して始めたこと」が面白くなるまでに挫折してしまうケースも多い。英語の勉強、トレーニング、カメラの趣味、サイト運営、、実際に諦めたケースは数知れない。

1日1時間学ぶ、週3回ジムで1時間走る、1日10枚写真を撮る。
これらは全て挫折したわけだが挫折した理由は大きく3つある。

①物理的に取り組めないことがあるから
ー1時間というまとまった時間を確保するのはちょいと難しい。拘束されたイベントや不意の依頼なんかで時間を取れないことは大いにあります。

②精神的に取りかかるハードルが高いから
ーで、ここが最大の問題なのだけど、仮に1時間取れたとしても「ああ1時間もやんのかだるいな、明日でいっか」となってしまいがちになる。

③上記2点のコラボにより習慣にならないから
ーという上記2点によりやったりやらなかったりで習慣にならない。


しかし、上記3点に対する解決策はあって、それはシンプルに
「ハードルを下げること」
に尽きると思う。

もし、1日30秒の勉強、週1回ジムで1㎞走る、1週間で1枚の写真撮影を目標にしていれば、続く可能性はかなり高まっただろう。

僕自身現在はジムにいったときの最低ノルマ(ハードルの高さ)を設定しておらず、体調に合わせて走る量を調節している。気分次第では10分も走らないし、気分がよければ30分以上走る。これにより毎回のトレーニングを無理なく続けることができている。(低いハードルを数飛ぶ方が、高いハードルを数回飛ぶよりも、飛んだ高さの合計は高くなる!)

上記を踏まえて、このブログについてもノルマは設定せずに再開した。締切、文字数、クオリティと現時点でこだわりはないので、一旦は好きなように文字を綴りたい。
習慣になるか、ならないか、乞うご期待。

広告を非表示にする