読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

秘境で飲んだアップルワイン@ニッカウヰスキー工場 #仙台一人旅

ウイスキー工場にきました。

f:id:asobot8:20160227123423j:plain

作並駅から徒歩30分の場所にある、ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡です。ここは竹鶴政孝が建てた国内2番目の工場であり、ウイスキーの製造を行っています。

ウイスキーを作るにあたって、適度な湿度と澄んだ空気が重要らしく、なかなかの田舎にありました。以下最寄りから工場の風景。

f:id:asobot8:20160227123420j:plain

雪がパラパラと降っていました。

f:id:asobot8:20160227123427j:plain

ニッカ橋

f:id:asobot8:20160227123417j:plain

f:id:asobot8:20160227123358j:plainこれを見たときの適切なリアクションは、なんだろう。周りをよくみる、くらいしか思いつかない。

f:id:asobot8:20160227123401j:plainゆったり泳ぐ白鳥。

f:id:asobot8:20160227130503j:plainここでは無料のツアーが開かれており、ガイドさんが丁寧に施設を案内してくださいます。制御室以外の撮影は自由とのことだったので、写真をパシャパシャ撮らせていただきました。

f:id:asobot8:20160227123356j:plainガイドさんは赤いコートを見にまとったプロフェッショナル。少しの東北訛りが素敵でした。たくさん質問させていただきました。

f:id:asobot8:20160227123405j:plain「マッサン」の撮影に使用されたポットスチル。工場は景観を意識して設計されており、電線は地下に埋め、木は最低限しか切っていない、とのこと。

f:id:asobot8:20160227123410j:plain上部にはしめ縄

f:id:asobot8:20160227123430j:plainレンガづくりの工場

f:id:asobot8:20160227123413j:plain

一番テンションがあがったのは、やはり試飲のタイミングです。製造工程や工場設立者の想いを聞いた後に飲む、ウイスキーの味は格別でした。

試飲のあとは自由解散の流れだったので、ぼくはさらに有料試飲を一杯いただき、最終的にアップルワインの購入を決めました。

 

とても飲みやすくフルーティな一品です。水割りでどうぞ。

www.asahibeer.co.jp

plus1world.com

仙台にお越しの際は、足を伸ばしてみてください。

www.nikka.com

旅は続く。

広告を非表示にする