読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

マルハニチロ 1DAYインターン

インターン

マルハニチロの1DAY インターンに参加しました。

会場は豊洲にある本社下のセミナールーム、時間帯は10時~17時という長丁場の1(この日の朝、築地に行ったから一層)でした。午前中はマルハニチロの会社説明、昼休憩に社員さんとのお話、午後は商品開発のグループワークと発表という流れです。この日の参加者は約30人で、北は北海道、南は鹿児島から来られていました。

こういう類のイベントに参加すると、たいてい「参加してよかった」となります(ちょっと疲れるから頻繁に行きたいとは思わないけど)

今回もそうでした。専門商社という業態を知ることができた上、実際の社員さんに「海外駐在率、出張する社員さんの割合、行く国、目的、期間、離職率」等を掘り下げて聞けたからです。

特に、マルハニチロ=「メーカー」という認識でいたので、原材料の買い付け、販売等を海外で実施する「専門商社」としての役割があることは新たな発見でした。同じような業態の他の会社にも、海外で買い付けを行う部署はあるでしょうし、海外で働く人は少なくないのでしょう。自分の中では「海外で働く=総合商社」というイメージだったので、可能性が広がったように感じています。

最後に「1DAY参加して意味あるの?」と聞かれることがあります。その度に、意味は自分で決めればええやん!という気分になりますが、ぼくが今1DAYインターンに参加する目的は3つあります。

1
つは、業界に関する知識を入れるため。
2つは、社員さんと話すとともに、社員同士のコミュニケーションを見るため。
3つは、他の学生の刺激を受けるため。

これらのためであれば1DAYインターンで十分ですし、むしろ5日間使うのは機会費用なので、今後も用途に合わせてうまく活用していきます。

 


来月から本格的に就職活動が始まります。月末にかけて再度自分の考えを整理し、英語の勉強をし(Netflixを観る)、トレッドミルで走り、準備していきます。

広告を非表示にする