読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

6種の神器 ーぼくの「もちもの」と「もちものから考えたこと」

雑感

いつも携帯しているものと、そこから考えたことを書きました。

◾️ もちもの
① MacBookAIR
② iPhone
③ ほぼ日手帳
④ ジェットストリームのボールペン
⑤ 本
⑥ A4サイズのノート
◾️ もちものから考えたこと

 

① MacBookAIR
いつも持ち歩いてます。これがあればどこでも文章を書けるし、カレンダーで日程確認もできるし、officeで資料も作れる。それに何より、ネットサーフィンで世界最高峰の知に触れられます(少なくともそう勘違いはできます!)、コミュニケーションも当然取れるし。他のパソコンとの違いは、デザイン、クイックネス、パワーの3つですね。形が美しいし、起動が早いし、駆動時間が長い。最強。

f:id:asobot8:20160202115240j:plain

旧モデルの13インチなので、少しおおきいです。ポメラを購入するか迷い中。

② iPhone
現代の7つ道具ならぬ、700つ道具です。これ一台でなんでもできるし。ネズミを追い払うこともできれば、英語学習のお供にも、ブログの発信ツールにもなるなんて、本当に素晴らしいツールだと思います。(①と合わせて、単なるappleファンです)

スタイリッシュで使いやすく高い!のがiPhoneの特徴ですね(日本では当たり前なiPhoneも、海外だとハイエンドの方が持つものと認識されているようです!)ぼくは情弱でキャリアを変える発想がなかったので、深く考えることなくiPhoneを使い始めました。そして今も変える気はありません。

何度も言いますが、これは最強のツールです。操作性と機動力がバツグンによく、人によってはパソコンが不要になります。これ一台あれば勉強もゲームも電車検索もお店の予約もできるんだから。もともとこれが「通話のためのツールだったこと」を、東京オリンピックの閉会式頃には、完全に忘れているでしょうね。

f:id:asobot8:20160202115312p:plain

カバーはつけておりません。まさか自分が画面を割るなんて、ないだろうし。

③ ほぼ日手帳
Googleカレンダーと併用して使用しています。21日現在は毎日書いていて、すごくお気に入り。書き易いし、自由記入欄が広いところが特に好きです。ルールは決めず、てきとうに。カバーは高いし、重くなるのでつけていません。

f:id:asobot8:20160202115729j:plain

書きたくなる質感をしています。

④ ジェットストリームのペン
非常に書きやすい。いつもポケットに入れています。いつでも書けるように。スラスラかけてストレスフリーだし、軽いし、安い。モンブランより全然いい。モンブラン使ったことありませんが。

f:id:asobot8:20160202115756j:plain


⑤ 本
読書家ではありません。ただ、意識高い系日本代表を目指す人間として、本はつねに持ち歩いています。読む本は小説か自己啓発、ビジネス書が多いですね。今は、黒木亮さんの「エネルギー」を読んでいます。

基本的に本は買うので、書き込みながら読みます。その方が定着と振り返りに役立つからです。メモがあればその時の思考がふっと蘇るふしぎを感じますね。電子書籍もいつか買うだろうなあ。

f:id:asobot8:20160202115719j:plain

カバーが邪魔なので、取り外して読みます。

⑥ A4サイズのノート

アイデアを書き留めたり、自分の将来を考える時に殴り書きするノート。あまり使わない日もあるけれど、やっぱあると便利です。f:id:asobot8:20160202115749j:plain
使い始めたのは「絶対内定」という本で、自己分析を始めてからでした。

◾️ 
もちものから考えたこと
MacBookAIRiPhone、手帳、ペン、本、ノートの共通点は、、、文字。ぼくは「文字」が好きなんだと思いました。まあ人間の生活とは切り離せないものだし、ぼくが今回挙げたものはほとんどの人が持っているものなので、ぼくの特徴とは言えない気がしますが。

ふと考えると、TwitterLINEFacebookの投稿も、すべて文字文字文字。写真や動画のブームが来るにしろ、説明には文字!その動画を見るか決めるのも、キャッチコピーの文字

人間の活動の本質は「話す・聞く・読む・書く」4つに集約されるなあ、と閃きました(いま)。ぼくは全体的に戦闘力が低いので、地道にやっていきます。

もちものと、ぜんぜん関係ない話になりました。

広告を非表示にする