UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

達成できない場面をイメージする

「本気で目指す目標を達成できない場合」を想像すると、めちゃくちゃ怖い気持ちになる。これ、達成できなかったら最悪だなと。

基本的には、失敗を思い描くことは少ない。

しかし本当にやらなければならないこと、絶対に成し遂げたいことは、両方想像する。達成できた場合と、達成できない場合。

ポジティブな未来を想像して頑張ることもあれば、ネガティブな未来を想像して頑張ることもある。

誰しも両方のケースがあるだろうけど、ぼくは後者が多い。
「達成できない場合」に怖さを感じられた時、本気でそれに向かえる。
逆に言うと「『達成できない場合』に怖さを感じない場合」、目標への想いは弱い。
まあどっちでもいいかな、ということだから。

今達成できないと怖いと感じる場合は(つまりその達成がほぼ確実なものは)、
・進級できない場合
・TOEICでスコアが取れない場合
・フルマラソンで3時間を切れない場合
の3つだ。

これが今の世界三大恐怖なので、できるだけ想像し、地道な行動につなげたい。

広告を非表示にする