読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

選んでやってるか ー~をやって意味あるの?

雑感

マラソンを走ることに何の意味があるの?ブログを書くことに何の意味があるの?と、理由を聞きたいからではなくて、その無意味さを指摘したい人から聞かれることがあります。

それに対して相手は納得するような答え欲しいのでしょうが、最終的には趣味なので「(あなたには)全く意味はありません」という答えになります。

そこで少し考えると「全人類に普遍的に意味があること」なんてないことに気づきます。 今の僕に白髪染めは価値がないし、電気のない時代の縄文人にマックブックエアーは価値がない。猫に小判、豚に真珠という話に似ていますが、価値を見出せるケースと、見出せないケースがあるということです。

「僕にとって大事な何かが他の誰かにとって大事でないこと」も
「他の誰かにとって大事なことが僕にとって大事でないこと」も
 無限にあります。

100mをできるだけ早く走ること、相手のゴールネットを揺らし自分のゴールを守るために90分間戦うこと、27アウトするまでの得点数を競う行為に何の意味があるのか。

綺麗な絵を描くことに、立派な城を建てることに、美味しい料理を作ることに何の意味があるのか。

会社で働くことに、就活することに、留学することに何の意味があるのか。

ブログを書くことに、映画を見ることに、マラソンをすることに何の意味があるのか。

大事なのは自分がそれを「選んでやっているか」だけです。

だからこそ、
 周りが共感するようなこと(例えば就職とか)をやっている時にこそ「他人の価値観で生きていないか」自分の行動を考える必要があるし、「それやって意味あるの?」と言われるときは、「自分の価値観で生きている証拠」(である場合が多い)ので、ガンガン打ち込めばいい。

僕自身「~やって何になるの?」という問いを気にしてる時点でまだまだですね。
整理して考えると、これはいい前兆でした。

 

走ってこよう。

広告を非表示にする