UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

大会2週間前

大会2週間前となり、榛名湖マラソンの参加通知書が届きました。初のフルマラソンに向け、残りの時間で何をするかと、榛名湖マラソンとはどのようなコースで、どこで開催される大会なのかについて。

最近ようやく10㎞/日がデフォルトになった自分にとって、フルマラソンは未知も未知です。そこで「レース前 トレーニング」と検索してみました。

結論からいくと、2週間前からは「ペースは維持し、距離は減らす」が鉄則のようです。今回のゴールタイムは3時間30分を想定しているので(3時間とほざいたこともあったが、現実は厳しかった)、㎞4分50秒~5分のペースで5、6㎞走ることが僕にとっての調整となりそうです。

しかしこのように書いてあったとはいえ、僕の場合は圧倒的に練習量が足りないので、普通に練習を続けます(じゃあなんで調べたんだよ)。3日前から少し落とす位が感覚的には良さそうなので。

出場する榛名湖マラソンも同様に検索したところ、「コースはきついが、いい大会」とのことでした。きついというのは、日本一標高が高いこと、高低差が60mあること、周回コースであることが理由のようです。一方いい大会というのは、休憩スポットの充実や当日の会場運営が優れている点から感じたようです。

たしかに無料送迎バスなんてすごいよなあと思いつつ、当日移動時間を調べると、高崎駅~榛名湖(マラソン会場)は60分もかかるそうです。さらに言えば、無料バスは朝6時~7時20分までピストン輸送し続けるそうです。大会参加にお金がかかる理由もわかります。

しかし、ここで僕は思いました。高崎駅って、、、どこ。関東ならどこでもいーやと思い、日程だけで選んだ結果の「榛名湖マラソン」。調べた所、そこは群馬県でした。僕の最寄りからは、大体2時間30分かかるそうです。バスと合わせて3時間半の移動って、もう立派な遠征です。

というか、え、7時20分までに着く必要があるのに、2時間30分電車乗るって、始発レベルやん。朝早いの嫌だなあ、と思いつつ、西荻窪(最寄)~高崎の始発を調べると、高崎駅に7時28分着とのこと。

バスの最終便は7時20分だから、、、、、


この時点で現地への前日入りが確定しました。前日入りなんて強豪校の遠征です。

f:id:asobot8:20150914113001j:plain

f:id:asobot8:20150914113009j:plain

 


いっそシューズやウェアも揃えて強豪スタイルで挑もう

広告を非表示にする