UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

英語の勉強、始めました。 ー利用する教材5つ

9月に入ってから、英語の勉強を始めました(なんと4日も続いています)。今はDMM英会話にお世話になっており、25分の講義を毎日受けています。

英語学習の継続が難しいというのは、決心と挫折を数十回繰り返してきた自分もよくわかっていますが、今回は絶対続ける所存です。というよりは、もう最後のチャンスという感じですね。10月から就活始まりますし、年明けにはスコアを取らないといけないですし。

8月序盤に楽天のインターンに参加し、社内のミーティングが英語で行われているという事実に愕然として以来(聞いてはいたけれど、目の前で日本人社員がインド人エンジニアに指示を出している様子を見て、ようやく実感が湧きました)、ずっと始めようと思っていたのですが、ついに始めたか自分!という感じです(あえて我慢してた部分もあるけどね!)。

あえてというのは、8月はプログラミングの学習に時間を割きたかったというのもそうですし、ダイゴさんの記事を見たというのも大きかったです。

logmi.jp

ダイゴさんは、ここで「月に身につけられる習慣はせいぜい1つだし、そもそも習慣にするには3週間かかるし、1つ身につけば立派立派!」というようなことをとてもわかりやすくおっしゃっています。これを僕のケースに当てはめると、

6月 ランニング

7月 ブログ

8月 プログラミング

9月 英語

という感じで、少しずつ、でも確実に毎日のルーティンワークが増えてきています。無理に手を広げ、何もやらなくなる所が自分の良くない点なので、ちょっとずつ前進していければと思います。

今回の(最後の)英語学習は、以下の3点に留意し、学習継続を図ります。

①可視化する
ー他の行動にしてもそうですが、具体的な勉強内容、取り組んだ時間、反省、打ち手を毎日シートに書き込んでいくことにします。

②時間を確保する
ーgoogleカレンダーに全日2時間ずつ、英語学習の時間を取り入れました。

③飽きない工夫をする
ー①の可視化もその一つですが、ランニング中や移動時間といったながら作業の時間を利用することと、勉強のアプローチを多角化してみます。具体的には、DMM英会話、ted、洋楽、洋画等。僕はとてつもなく飽きっぽいので、どれだけ工夫できるか自分との戦いです。

*あとは、生活リズムを改める意味も込めて、授業を朝入れるようにします。

 

以下は今後お世話になるサービスです。

① DMM英会話

eikaiwa.dmm.com


② 英語のニュースサイト。音声付き

learningenglish.voanews.com


③ TED

www.ted.com


④ Netflix ー有料動画配信サービス(英語学習という免罪符で大量の洋画を観る)

www.netflix.com

⑤ 歌詞を補完する、高尚な遊び

lyricstraining.com


そこで出会った曲。(
素敵な歌詞で、ファンになった)

www.youtube.com

 

僕も早く実績を作って、「TOEICで900点を取るには、これをやれ!」と言いたいんですけどね。当面は楽しみつつ、地道に続けていきます。

 

Cause I've still got a lot of fight left in me.

広告を非表示にする