UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

ビーチサッカー

初めてビーチサッカーをしました。ビーチサッカーに対するこれまでのイメージは、「けっこう大変そうだよね」程度でしたが、やってみたら本当に本当に過酷でした。

 

砂に足を取られて上手く動けないし、ボールをミートするのが難しい。足同士のぶつかり合いは痛いし、夏の日差しは体力を奪っていく。開始3分ほどで足裏がつりそうになり、後の時間は惰性でボールを追っていました。

 

前日、ビーチサッカーの動画を見たときに、ほとんどの得点がキーパーからのアシストかFKから生まれていることに対して、なんでだろうと不思議に思っていましたが、実践して納得しました。基本的にビーチサッカーには、パスやポゼッションがないからです(レベルが低いからかもしれないけれど)

 

体力が奪われ、足の踏ん張りが効かなくなってくる終盤は、キックの正確性が一層落ち、スコアが動きにくくなりました。ラスト一点になってからのまだ試合終わらないの感が半端じゃなかったです。

 

プロも、得点は前半に動くんじゃないかなあ。

www.youtube.com

ひらつかビーチパーク

http://sh-beachpark.com/xiang_nanhiratsukabichipaku/MAIN.html

 

 

次は普通に普通のサッカーがしたい

広告を非表示にする