UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

ブログを超簡単に書くためのステップを考えた。

暑いですね。今日はインターンの選考と映画を鑑賞に、渋谷に行きます。

 

今朝、イケダハヤトさんのこの記事を読みました。

www.ikedahayato.com

彼は、ブログ執筆時間について、以下のように述べています。

ぼくは、5分あれば1本記事が書けます。多分、慣れない人でも15分あれば1本書けます。

ん、5分? 慣れない人でも15分?僕は最低でも50分程かかります。

 

ただ、中学時代から鍛えてきたイケダハヤトさんがサクッと良質な記事を書けることも、今まで文章に関して何の努力もしてこなかった僕が長時間かけてつまらない記事を書くことも、当たり前ですね。僕も訓練の中で早く、うまく、面白く(?)なっていくので全く心配はしていません。(ここまで3分。今日は何としても20分で書きます。)

 

イケダさんは上記の記事で、

伝えたいことがあるのなら、むしろ短く伝えるべきです。長く書けば書くほど、伝わりにくくなります。

ともおっしゃっています。確かに、伝えたいことがあるから書くのだし、それをはっきりさせることが第一ですね。僕はいつもつらつらと書き始め、些細な表現に迷い、「回りくどくて何言っているかワカラナイヨ」と読み終えた時になるので、それは今後意識します。

 

今後のステップは以下の通り

1、論点整理(1分30秒)

2、初稿完成(8分30秒)

3、推敲(8分30秒)

4、投稿(1分30秒)

 

これなら20分で書ける!

 

1、論点整理(1分30秒)

ー言いたいことを整理して、体系的に述べられるようにグルーピング。

 

2、初稿完成(8分30秒)

ーとにかく書く。早く書く。done is better than perfect!!!

 

3、推敲(8分30秒)

ー無駄な表現を削る。

 

4、投稿(1分30秒)

ーコメントの引用をつけたり、ツイッターを貼り付けたり。

 

とここまでで既に13分!絶対20分しか書けないよ今日は絶対!推敲に入ります。

 

キリン一番絞り店に行きたい。結局、28分かかった

広告を非表示にする