読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

企業選びのアドバイス②

シェアハウス

同居人の岡田さんに時間を割いていただき、現状報告とインターンの相談をしました。以下岡田さんの話から抜粋。

 

・コンサルの持つ意味は広い

ーコンサルって本当に様々だから。実質的に人材サービスだったり、SE業務をしている人も多い。戦略等こだわりがあるなら、各会社のことをきちんと知った方がいいよ、とのこと。

 

・企業をみるときは、主力商品がパッケージかどうか考えよ

ー主力商品がパッケージな場合、主な仕事は営業になる。パッケージができている方がスケールし易いが、サービスに介入できる度合いは小さい。何を売っているのかもきくとよいよ、とのこと。

 

・企業をみるときは、商材の移り変わり/優位性/参入障壁を考えろ

ーその業界ではどれくらいのスピードで商材が入れ替わるのか。販売している商品にどれだけの優位性があるか。参入障壁はどれだけ高いか。そういった視点を持って、企業を見た方がいいよ、とのこと。

 

・企業をみるときは、商品、サービスそれ自体を見ろ

ー上に関連しているが、雰囲気の良さと勢いで売っている会社も多い。商材それ自体もきちんと見なよ、とのこと。

 

・グルディスは自分の得意な話題に持っていけ。自分の土俵で戦え

ーサークルやゼミ、課外活動で精通している分野の話なら得意だろうし、そっちに誘導しなよ、とのこと。

 

 

その後は直近のインターン選考について話しました。選考テーマは「就活サービスの提案」だったので、現状の課題認識であったり、企業側の視点を教えていただきました。やっぱり、岡田さんの視点はエベレスト並に高いですね。

 

 

学生にとってよく、会社にとってよく、社会にとってもよいサービスを思いつけ自分。あと3時間で。

広告を非表示にする