読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

「コンテンツの秘密 僕がジブリで考えたこと」を読んで考えたこと

雑感

本の終わり、216ページに川上さんの考える、天才の定義が書かれている。

天才とは自分のヴィジョンを表現してコンテンツをつくるときに、どんなものが実際にできるのかをシュミレーションする能力を持っている人である。

これはアメリカと日本のコンテンツ制作過程の違いを見学したときに、一緒に見学していた宮崎吾朗さんとの会話を踏まえて定義したという。

アメリカではコンテンツを考案すると、そのプロトタイプを全て作り、みんなで議論しあうのだという。莫大なお金と時間がかかるが、実物があれば誰でも議論できるので、天才がいなくても素晴らしい作品ができる。しかし、日本の制作会社にはそんなお金も時間もない。だから天才が必要なのだ。天才がその脳の中で完成像を思い描き、そのシュミレーションをもとにコンテンツを制作を進めるのだそうだ。

 

今回川上さんはこの文章で、宮崎駿さんのようなコンテンツ制作における天才のことを述べているが、後半部分は他の分野の天才にも言えると考えた。

天才とは自分のヴィジョンを表現してコンテンツをつくるときに、どんなものが実際にできるのかをシュミレーションする能力を持っている人である。

例えばサッカーがそうだ。このボディフェイクで、相手はこんな動きをしてくる。さっきのシュートが印象に残っているはずだから、次は飛び込んでくる。というように数コンマ先に起きるプレーを相手より一瞬早く、少しだけ正確にシュミレーションし、自らの動きを選択していく選手は天才と呼べる。もちろんシュミレーションできることは必要条件であって十分条件ではなく、それを実践するスキルは必要だ。しかしそれでも、幼少期からサッカーに打ち込んできた選手ばかりが生き残る世界では、スキルや体力面の差だけで5人抜きはできないと思う。メッシやロナウドは、やはりそのシュミレーション能力に秀でていることが想像できる。

 

これはお笑いにも当てはまる。このタイミングで発言すれば化学反応が起きる。この言い回しなら盛り上がるはずだ。積み重ねた経験と自らのイマジネーションから、発言後の状況を瞬時にシュミレーションし、ボケ、ツッコんでいくお笑い芸人達。ほんの少しの間の違いや言葉選びで、大爆笑から無音状態にまで変化しうるわけであり、さんまさんや上田晋也さんはそのシュミレーションが神がかり的にうまいのだろう。

 

ビジネス界にも天才はいる。これまでの経験や日々インプットしているニュースや社会情勢から、このコンセプトならいける、この商品は流行るとシュミレーションし、世に送り出してヒットを飛ばす人のことだ。天才のシュミレーション能力がなければ「48人のアイドル」も「ボタン1つの携帯電話」も生まれなかったはずだし、秋元康さんやジョブズのシュミレーション能力に疑いの余地はない。

 

それでは天才以外の人は、この能力を持っていないのだろうか。

 

それは違う。比べるのは僭越すぎて逆に例に出すが、僕だってシュミレーションをしている。これまで10回以上企画してきた日吉会議(約90分、30~40人対象)は、構成を考える段階で毎回シュミレーションしてきた。この流れで盛り上がるのか。どの順番なら楽しめるのか。どんな例がわかりやすいか。毎週作るものであるために、全てを作った上で判断するという方法は取れない。全体の構成と流れ、それから部分部分と頭の中で順番にシュミレーションし、ある程度自信を持てた段階でデータ収集やプレゼン作成といった作業に入る。もちろん天才ではないので、シュミレーション通りに作成しても、良い反応が得られないこともある。ここが退屈だったよ、と指摘されることもあれば、無言の圧力もよく受ける。

 

しかし、そのような反応や経験から一つ一つ学びさえすれば、シュミレーション能力は高めることができる。サッカー選手は駆け引きの中で相手の動きを読めるようになるし、お笑い芸人はすべる度にコツを掴んでいく。ビジネスも失敗する度に、コンセプトへの感度は上がっていく。ミスから学び、反省を活かせば、シュミレーションする能力は(あるレベルまでは)鍛えられるのだ。

 

そして、「シュミレーションする能力の向上」を「成長」と呼ぶのだろう。

 

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

 

 

本の中ではコンテンツについての考察が中心で、とても興味深いです。頭のいい人はこんな風に考えているんだというのがわかるとともに、読んでいる間は頭がいい人の気分になれます。笑

あと、僕の本でよければ送料無料で送りますので、言ってくださいませ。

(↑センスある損をする、初めての取り組みです。)

【大感謝祭】「センスのある損」をする奴が新しい。ー LOSS IS MORE!(服を選ぶように損を選ぼう!) - いばや通信

 

調子に乗って論じたら楽しかった。下手でも未熟でもTGIならいいや。トトロ観たい。

広告を非表示にする