UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

LITALICO説明会兼選考会

6月30日、LITALICOの説明会兼選考会に参加しました。6月のインターンイベントで詳しい説明を聞き、理念に共感したからです。

こういった選考会って、毎回初めての人とのワークだし、そこでお別れだし、気楽でいいなって思います。今回は約20名の参加者がいました。大阪や名古屋から来ている方もいて、東京というだけで随分恵まれていると感じます。今日の内容は以下の通りです。

 

①会社紹介と社員さんのお話

②自分の価値観を考えるWS

ー体験したいこと、好きなこと、趣味等を書き出して、自分が何を求めているか、何を大事にしているかを知るWS

③グループワーク

・2つの質問で社員さんの中学時代の部活を当てよ

・〜を2倍にする策を考えよ

 

①会社紹介と社員さんのお話

話していた女性の社員さんは、大学卒業後教育系のコンサルティングファームに勤め、2社目としてリタリコに転職された方でした。 

最初のキャリアとしてコンサルを選んだ理由は、教育に携わりたいという気持ちと、漠然とした成長欲求から。1社目の会社にはソファーが置いてあり、朝から朝まで仕事をし、そこで少し寝てまた仕事、みたいな環境でガンガン働いた。会社を移ったのは、コンサルティングだと成果責任まで、最後の部分まで追えず、そこに違和感を感じつつあったという点と、リタリコの方を手伝っていたら、こっちの方が面白いと思ったから。

 というようなことをお話をされていました。僕は会社の説明よりも社員さんのお話を聞きたいと思っている人間なので、今日はとても有り難かったです。

 

②自分の価値観を考えるWS

ー体験したいこと、好きなこと、趣味等を書き出して、自分が何を求めているか、何を大事にしているかを知るWS

上のことを紙に書き出して、グループ内で共有しあうWS。周りの人の質問を受け、各々が自分自身の価値観を問いなおす時間だった。

 

③グループワーク

おそらく選考のメイン。4、5人で1グループ。1問10分で、1問目と2問目でメンバーは入れ替わる。

 

1、2つの質問で社員の中学時代の部活を当てよ

 

《ルール》

・社員さんはYES or NOでしか答えない。

・5分考え質問→Yes or NO→5分考え質問→Yes or NO→1分考え→答え合わせ。

 

《方向性》

まずこういったWSだから、マイナースポーツはない。2つの質問で当てるのは不可能だから(だと思うから)、ヤマを張っていく。

 

《最初の質問》

名前に濁音が入りますか?→Yes

この時点でサッカー、野球、テニス等が消える。僕らの予想は、陸上、バスケ、バレーのどれか。

 

《2つめの質問》

室内で6人以上ですか?→Yes

はい、バレーボール部ね!わかりました!

 

《答え》

吹奏楽

 

2、〜を2倍にする策を考えよ

 

《時間配分》

個人で3分考え→5分で共有→2分でまとめ→発表

*** 

イデア出しが始まり、あっという間に10分経って終了。

 ***

《フィードバック》

ヘビーユーザーにもたくさん色々な方がいるし、その中の誰にアプローチするのか。もう少し考えられないとね、というお話だった。

 

 

1問目とか特に色々反省点がある気がしますが、社員さんのお話を聞けたし、楽しかったし、有意義な時間でした。フェルミ推定はコンサルに限らず課されるとわかったので、次の選考会までに少しやろうと思います。

LITALICOインターンの合格率は10%とおっしゃっていたので(それって実際は30%位かな)、期待して待ちます

 

LITALICO

 

障害は人ではなく、社会の側にある