読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

サッカーはすごいけど、それ以前にチームスポーツは素晴らしく、最早スポーツが最高。

スポーツ

団体のメンバーとフットサルをしてきました。自分は小中高と12年間サッカーを続けてきて、今は月に一回程だけど、やっぱりサッカーって楽しいなって思います。

連携して相手を追い込み、ボールを奪う。それを大事につないで、タイミングを見計らって楔のパス。前線の選手が体を張ってキープし、落としたところを二列目の選手がシュート。ゴール。

みたいに上手くいくことは全然ないのですが、一つ一つのプロセス(奪う場面、つなぐ場面、パス、シュート)にも面白さがあるし、その面白さを体感できるのはプロもアマチュアも同じです。サッカー部は野球の試合をできないけれど、野球部はサッカーの試合をできますよね。誰でもできるからこそみんなでプレーできて、その中で一体感を味わえるし、一緒に戦った仲間とはすぐに仲良くなれます。サッカーって偉大です。

 

朝食会の後なので、僕が個人競技とチームスポーツ(ベンチャーか大企業か的な)のどちらが好きかなんてことを考えると、圧倒的にチームスポーツが好きです。サッカーで言えば、厳しい練習に耐えた、認め合える仲間とピッチに立った時の高揚感は代え難いたいものがあります。そしてピッチ上では、仲間のために走り、チームのために戦い、勝利を目指します。監督もコーチも出られない仲間も応援してくれる人も、みんなそれを望んでいるから。チームで結果を出せた時の達成感と、喜びがあまりに大きいので、(個人競技をやったことはないので比べられないけれど、多分)やっぱりチームスポーツの方が好きですね。

 

僕はこれまで、サッカー、野球、卓球、体操、水泳(サッカー以外は小学生までだけれど)と多くのスポーツをやってきました。経験する中で辛いこともあったけれど、圧倒的に楽しい経験が多かったです。それがどこからきていたかといえば、純粋に体を動かす面白さだったのかな、と最近になって思います。先日、太ももを動かすだけで(つまり、体を動かすだけで)幸せなホルモンか何かが分泌されて、幸福感を味わえるという話を聞きました。たしかに走るだけでも全然楽しいし、スポッチャでつまらなかったことなんてないし、体を動かすことには原始時代からの普遍的な喜びがあるのかもしれません。

 

チームスポーツが好きとはいえ、毎週都合を合わせるのは大変なので、今後は個人でできるマラソンを中心に運動をしていきます。動機付けのために、第3回榛名湖マラソンに申し込みました。初マラソンだし、サブ3を目指します。

 

第3回榛名湖マラソン

http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121300476/f:id:asobot8:20150616015636p:plain