読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

処理スピードと電卓操作がカギ

昨日、某コンサルティングファームインターンの一次選考を受けてきました。選考方法はwebとペーパーのテストと履歴書です。webテストの内容は、社説程度の文章を読んで、その内容理解が問われる国語の問題が15分で32問。グラフや図表から必要な数字を読み取って、簡単な計算をする算数の問題が15分で32問(たしか)。ペーパーの方は、社会問題の是非と自分のライフプランに関して記述する問題が10分で4題に答えるというものでした。

 

結果的には、全然できませんでした。(記述はまずまずだけどWebが全然全然できなかった。)自分の読解力と計算能力不足が原因ですね。どちらも時間との戦いなので、処理スピードをつけないと厳しいです。あとは、計算問題は電卓アリなので、電卓に慣れておく必要を感じました。

 

一次を突破したらグループディスカッションで、そこを突破したら面接で、そこを突破してようやくインターンって、もうなんか途方もないですね。コンサルタントってスーパーエリートなんだろうな。

 

webテストに関しては、何回かの訓練で幾分ましになると思うし、次の会社に向けてやってみよう。

 

今日は新大久保でイスラム横丁を見てきます。

広告を非表示にする