読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UZ通信

カラダ・アタマ・ココロの遊び

バカがばれてからが勝負

ビジネススクール

 昨年10月から、WILLFU STARTUP ACADEMYという起業スクールに通っています。ここは半年間かけて経営スキルを学ぶスクールなので、僕はこの3月で卒業です。

こんな卒業間近になって、スクールの社長かつ講師である黒石さんのブログをはじめて読みました。とても面白くて、深夜2時から朝7時までぶっ続けで全部読みました。

黒石さんは今の自分とはかけ離れた行動量を当然のごとく自身に課していました。議員の方にお話を伺い、感じた疑問はぶつけ、インターンをした上で、実際に選挙に携わる。イベントを企画し、社会人を巻き込み、成功に導く。

経営者として圧倒的に行動し続けている黒石さんは、「学生時代から行動していた」という極めて当たり前のことを再認識しました。ブログを読みながら「自分このままだとヤバいなあ」と思いました。それもあって今これを書いています。

黒石さんにはスクール入学当初から、ブログやTwitterで発信し続けるよう言われていたのですが、自分は全くやっていませんでした。それは黒石さんが大学時代からブログで発信していた事実を知らなかったこともありますが、それ以上に怖かったからです。バカがばれるのが怖かったので、僕はこれまで発信してきませんでした。しかし、この考え方が真のバカでしたね。

そもそも自分の能力は周りの人間には既にバレているし、これから関わる人にも一瞬で見抜かれるのに、何を隠そうと頑張ってきたのだろう、と今は思います。

「バカがばれてからが勝負」糸井重里さんさえおっしゃっていたし、僕も今日からが勝負だと思って発信していきます。

 

黒石さんのブログhttp://ameblo.jp/kuroken9614/entrylist-1-1.html

広告を非表示にする